So-net無料ブログ作成
検索選択

[対談Q&A第1話] 行政書士試験に受かるのは なぜ難しいと言われてるか? [合格難易度は高い? 一回落ちて今度こそ受かりたい] [行政書士 スマホ通信講座]

14-4-27neko16.png

あなた「法律の勉強はじめてで 去年から行政書士の勉強始めましたが 法律用語とか書き方とか

異常に難しく感じます、

でも なんか 寺本先生の記事を読んでると 僕でも簡単に合格できるように思えてくるんですが・・」



寺本「そうそう、まずは 

『自分ひとりで思ってることがもしかして間違ってるんじゃないか?』

疑うことから入るの、 受験生心理、受験生目線てのは どうしても後ろ向きになるし、

試験合格が 高等、複雑、難解、崇高なシロモノに見えるからね。」



あなた「寺本先生の記事で特に印象的なのが テキストや過去問に書いてることをたくさん覚えても時間の無駄、

本試験で 二度と同じモンを出してくれない、ネタバレしてるもんを出してくれるバカはいないって話なんですが どうもシックリこないんですよね・・」


寺本 「そりゃそうだね(笑) 

何度も言ってるけど 

たとえば 今あなたが使ってるテキストが レックのテキスト、過去問だとしよう、

そのレックの本に書いてる文章を覚えても 本試験で点数取れない、

というか、

日本全国すべての業者が売ってる本やDVD

テキスト、過去問、模試に書いてる問題・解答、どこを切り取っても

試験官は 本試験では出してくれないの、

まず そこを認めることだよ、

行政書士試験の受験生は45000人で そのうち35000人は 自分が覚えたことが

本試験で出るって勝手に思い込んでる、

まず それがデタラメであり、試験会場のイスに座ったら

自分の首を絞めるだけって認めること、


その後にこそ 

俺が言ってる 処理スピードが上がる方法、 

新しい問題見せられても 答えが予測できるようになる方法、訓練の話が聞けるんじゃないかな~




あなた 「受験生のほとんどが 最初から受からない勉強してることに気付いてないから

どれだけ真剣に勉強しても本番で落ちるってことですか?


寺本 「そうゆうこと。

あなたも 他の受験生もネットでいろんなもん見てるし 業者に金払って それっぽい知識や情報をみてるよね?

それらが 正しい、間違ってるなんかどうでもいいの、

試験会場のイスに座って 自分が知ってる知識と情報を扱いきれるんですか?

試験官が要求してるものを言語化して解説できるか?

俺が見てるのはそれだけ、10年以上ね。」


あなた 「本屋やネットで売られてる教材は しょせんただの道具だと?」

寺本「そうそう、よく考えてよ、

業者から教材買いました、勉強しました、

自分が良くなっていかなきゃ、賢くなっていかなきゃいけないんだよね?

でも そんな実感ないよね?

実感ないから スマホやネットで試験の情報をあっちゃこっちゃ見て回ってるんだよね?

つまり

あなたの家にある

業者が売ってる道具、みんながおすすめだって言ってる道具、有名、ブランド業者の道具、

それらは あなたでは扱いきれないって認めるこった、

『業者に金払って買ったのにもったいない・・・』

そうやって ムリヤリそれらを使って勉強しようなんて

ケチくさい感情を捨てれてないから ダラダラズルズル、ますます悪化していくだけなの





あなた 「寺本先生の記事は 金、大金、ケチクサイ感情とか ストレートな話がよく出てきますよね?」

寺本 「まあね、でもそれは 

俺に金払ってくれって意味じゃないよ、

やっと 本題になるんだけど 

結局 あなたが困ってるのは 誰にも教育してもらえてないから。

この業界、資格試験の仕組み、点数の取り方

いろいろ名目はあるけども、

ホントのことを誰からも教えてもらってないってのは 怖いことなんだよ、

たとえばね、

難しいって思いこんでるから 部屋にある教材を開くことに抵抗があるんだよね?

あなたにとって 『合格難しい、本に書いてることが難しい』

そう思わせたのは 紛れもなく業者の戦略ですよ(笑)

受験生に 難しいって思ってもらわなきゃ 新しい教材、DVD出しても買ってもらえないでしょ?

俺は 何年も何年も同じこと言ってるけど

そうゆうビジネス的なことまで含めて ホントのことを詳しく伝えるからこそ

相手は 賢くなる、発想、見方が日に日に変わる、

結果

俺に金払った受験生たちは 合格してくれたとおもってるんだ 

あなただって、単に 行政書士試験の知識の解説だけを聞くんじゃなく

現実の世界、ビジネスの世界を混ぜて話を聞いたほうが 聞きやすいし、楽しいし

自分の成長を実感できるんじゃないかな




あなた 「あ~ たしかに~、

僕は ネットの通信講座で勉強して 一回本試験で落ちたんですが

家にある教材の種類が多いし、後から 余計だと思うような教材も 業者から案内が来て買いました、

『どれから手をつければいいんですか? 全部本当に必要なんですか?』

業者に聞きたいけど聞けなかったですもんね、

試験の勉強の話を 単に一方的に聞くだけ 読むだけって辛いですよね。」


寺本

「ホンマにそうゆうことやで(笑)」

あなた

「でも~ 受験生にとっての業者利用ってそうゆう関係ですよね?」


寺本 「うん、受験生は 業者の客だからね

最初からずっと同じこと言ってんだけど

俺は 受験生を客だと思ってない、

受験生を客だと思ってたら 言っちゃいけないことが出てくるからね。

言っちゃいけないことが出てくるってことは?

教えてる相手の成長が止まるってこと、

つまり

試験で受からないってこと、

それを俺は10年前からわかってた、

おれ自身がそうゆう立場だったからね。


話を元に戻すけども

あなたが困ってるのは 行政書士試験合格や 本に書いてることが難しいと思ってるから。

そう思ってるのは

あなたがバカとか 高卒とか 高齢とかじゃなく

あなたが誰からも本当のことを教えられてないから。

そして 業者に金払ってもらうための都合のいい言葉として生まれた、流行らせたのが

『行政書士試験合格は難しい』ってゆう思想。


本当のことを教えてもらったら どんなに実力がない人だって

必ず 処理スピードは上がるし、問題文を読んで答えが絞れる、予測できるようになる、

俺が教えてるのは そうゆうこと

ええ話しやったやろ?

続きは 俺のスマホ通信講座や。



あなた 

「今日は ありがとうございました」


[寺本考志と受験生のやりとりの文字起こし おしまい]

→ 2017 行政書士試験 スマホ通信講座「キーポイントクライマックス」ページへ行く!


にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

いつも応援クリック本当にありがとう!!(^O^)


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0